篠原資明先生の「ベルクソン~<あいだ>の哲学の視点から」「盲目的」から「創造的」な生への意志を志向する人間哲学!!

Pocket

「ベルクソン~<あいだ>の哲学の視点から~」

詩人としても活躍されている異色の哲学者である

篠原資明先生が、独自の<あいだ>哲学を構築される

原点となったベルクソン。

その独自目線で解説されたベルクソン哲学入門書です。

現代文明が豊かになる一方で、

人間生命が希薄にされていく傾向にあります。

「盲目的」から「創造的」な生への意志を

回復させるためには・・・

今回は、この本をご紹介します。

「ベルクソン~<あいだ>の哲学の視点から~」       (篠原資明著、岩波新書、2006年)

篠原資明先生(以下、著者)は、詩人でもある異色の哲学者です。

ご専門は、哲学・美学とのことで、

ご出身は、香川県。

香川県ご出身という生育環境から、

若い頃より、弘法大師空海さんの「宇宙マンダラ」の

世界観に憧憬してこられたようです。

現在は、郷里の高松市美術館の館長も務められています。

なお、2016年の本年は、

瀬戸内国際芸術祭」の節目の年でもありますので、

四国方面へお出かけのご予定があり、

お時間と若干の金銭的余裕がおありの方には、

是非、上記美術館の方へもお足を運んで頂けると

館長ならずとも、紹介者として幸いであります。

そんな著者が、

独自の<あいだ>哲学を構築されていった原点には、

生の哲学>の系譜に属するとされるベルクソンがいた

いいます。

フランスの哲学者であり数学者でもあるベルクソンは、

宇宙時空間内の「美的意識」を表象するための

数学的技法の発展にも寄与してきたことは、

あまり知られていないようです。

日本では、<生の哲学>といえば、

ショーペンハウアーの「盲目的意志」や

ニーチェの「超人的意志」などに話題が集中する傾向に

あるようですが、これらのドイツ観念哲学論的世界観は、

皮肉なことに、厭世観や虚無観をもたらしたようで、

壮大な誇大妄想体系へと悪用されるなど

20世紀の世界的価値観を大混乱に陥らせました。

「一切の価値の転倒」というのが、ニーチェなどに始まる

現代思想哲学の根底に流れる「反<真理=形而上哲学>」を

形成していますが、ニーチェの思惑とは異なり、

あらぬ方向へと進展しつつあるように思われます。

戦後のドイツ思想哲学は、「批判理論」に偏りすぎ、

また、ベルクソンの祖国フランスでも、本来の「生の充実感」を

回復させるための探究哲学だった「実存主義哲学」も目的から外れ、

複雑化してきており、

かえって、「生の希薄化」現象を招き寄せてきたようです。

このような20世紀初頭に始まる「一切の価値観の転倒」は、

21世紀現在にまで持ち越されてきた<哲学的精神病理現象>だと

思われます。

<哲学>の本来の意義は、「<より良く>生きること」を通じて、

「<より良き>社会の構築と共有」にあったはず・・・

そのような問題意識から検討してきた管理人でもありますが、

著者の問題意識の根底にも、共通する要素があることから、

かねてより、現代思想哲学の再検討という課題を個人的にも

探究してきた過程で、<生の哲学者>の系譜に属するベルクソンに

出会うことになりました。

その出会いの過程は、後ほど、本文内でも、

あらためて詳細に語らせて頂きますが、

何はともあれ、ベルクソンの独自性は、

『われわれはどこから来て、何であり、どこへ行くのか??』という

人類にとって、最大の重要テーマに徹底して取り組んできたところに

あるようです。

そのベルクソンの<生の哲学>も生成発展の途上にあります。

つまり、私たち現代人一人ひとりに託されたベルクソンからの

「宿題」だということです。

ということで、現代文明の表面的豊かさと引き換えに、

人間の「生命」が希薄化され、

個々の「生命」が軽視されていくような時代風潮に憂慮の念を抱くとともに、

皆さん一人ひとりの「かけがえなさ(生の固有性)」を何度でも

人生の節々に再検討して頂くヒントとなる<生の哲学>として、

この本を取り上げさせて頂きました。

宇宙時空の<あいだ>を徹底的に問いつめていったベルクソン

ベルクソンの多大な功績の一つに

「<生命>の時間」をそれまでの体系化志向にあった

「観念論哲学(つまり、<生命なき>死んだ、

もしくは、死につつあった哲学)」に

取り入れるなどして、徹底的に脱構築していく道を

選択していったことがあります。

このような大変魅力あるベルクソン哲学ですが、

管理人の力量では、簡潔に要約できることも難しく、

その概要を摘示するだけでも「精一杯・・・」では

ありますが、今回、最適な解説書を探し求めていた際に、

著者にも出会うことが叶いました。

毎度のことですが、

人生の幸運的不思議の一つに、

「<出会い>という縁起(まさに、縁の始まりのこと!!)」が

ありますが、その縁結びの原動力にも、

日々の問題<意識>が大きな影響を及ぼしているようです。

前回のテーマでもあった『心はすべて数学である』との共通項でも

ありますが、

この宇宙時空間(<あいだ>)には、

「やはり、隠れた<独立変数>がある!!」ようですね。

このような不思議な世界を知りたい一心から、

管理人の学問への飽くなき意欲的挑戦もあるわけですが、

著者自身も、自己と世界を取り巻く<あいだ>の不思議を

探索されていく過程で、独自の<あいだ>哲学と

<あいだ>と<あいだ>を縁結ぶ「交通論」の視点から、

著者独自の立場を、

『ベルクソンを出発点とするものだったが、この立場を展開するうち、

めぐりめぐって、ふたたびベルクソンにたどりついたのである。』

(本書<はじめに>ⅲ頁)とされています。

近現代哲学は、古代中世の「森羅万象的世界観」から

徐々に脱皮しながら、その諸相を細部にまで切断しながら、

分析考察する学問的方法論から「分裂化」していったところに

原点があります。

中世哲学も、これまでの「暗黒的見方」から、

近現代を切り開く準備を用意したことから、

最近では、多くの学問分野で見直されているようです。

この流れの変化から、

従来の「中世から近代にかけての<架け橋>」ともされてきた

「ルネサンスの世界観(人間中心論)」も再検討される過程にあります。

かつて、「<哲学>は、<神学>の下僕」(トマス・アクィナス)と

される時代もありましたが、

その後の哲学史的展開では、

この「正反対」に動いていったようです。

その原動力には、ルネサンス以後の「科学精神」の勢いもあります。

古代中世哲学では、上記のような「森羅万象的世界観」を重視する姿勢から

「目に見えない<形而上学>的世界」を探索することが許容されていましたが、

曖昧模糊とした<形而上学>的世界観に代わる

人間が、「目に見える」範囲での<経験論的形而下哲学>へと

「蒙を啓く」啓蒙主義の時代へと移行していくことになりました。

それは、人類の「知性」面における整理整頓期でもありました。

その「啓蒙主義哲学」的世界観が、近現代科学を生み出し、

現代人に多大な恩恵を与え続けてきただけに、

現代思想では、「反近代論」が主テーマではあるのですが、

「おいそれと」そんなに簡単には、追放することも出来ません。

このように、近現代哲学思想では、

「形而上哲学」に対する評判は著しく良くない傾向にあります。

それは、曖昧模糊とした古代中世的な「神秘的世界観」の放逐にも

つながりました(確かに、現代でもオカルト的世界観の有害な側面には

十二分に注意を払う必要がありますが・・・)が、

その「神秘的世界観」をただ「追放」する視点だけでは、

かえって、そのオカルト的世界観への依存度を高める結果に

なってしまうようです。

著者も、そんな危機意識から、近代哲学が『神は死んだ!!』(ニーチェ)と

叫びながら、放逐していったツケが回ってきており、

このような現状に対して、

現代の哲学者が、真摯な回答を提示することが出来なければ、

さらなる大混乱を、

世界にもたらすだけではないかとの憂慮の念を抱いておられます。

(本書<はじめに>ⅳ頁ご参照のこと。)

そんな現代哲学者の大多数が逃げている最重要問題こそ、

本来の哲学者が「取り組むべき課題」だとして、

著者も、ベルクソンを手がかりに、

れまでの哲学的限界(常識)を乗り越えていくヒントを提出されています。

さて、ここで、著者自身の問題意識をご紹介させて頂いたところで、

本書の要約と諸考察に入るまでに、

今度は、管理人とベルクソンとの出会いについて、

若干程度語っておきます。

ベルクソン哲学は、しばしば、<生の哲学>の系譜に属するとは言われるものの、

狭義の<生の哲学>の部類には入りきれない要素を多々含んでいます。

管理人自身の哲学的考察の原点にも、

思春期特有の<生の危機>感から始まっていますが、

(ちなみに、管理人の原点は、前にも触れさせて頂いたことが

ありますが、『ハイデガーの思想』(木田元著、岩波新書、1993年)

通じたハイデガーヤスパースの「実存主義哲学」から

本格的な哲学入門が始まっています。)

その高校生時分には、その頃の風潮であった

フランス現代思想でも、とりわけ、ソシュールなどの

言語的「記号」論が、大学入試の評論素材でもあったことから、

哲学界の王道に鎮座していたようです。

この時に、管理人が、自らの「身体感覚」を伴った哲学的問題意識から

「哲学入門」せずに、教科書的世界から「哲学入門」していたとするなら、

イヤになって、思索も「中途放棄」し、今生においては、

一切、哲学とは無縁の人生を送っていたかもしれません。

その意味では、哲学とは、「自らの人生体験と実感を通じた縁」が

必要だということになるようですね。

そのような入門期から10~20代半ばまでは、

「実存主義哲学」と

「功利主義的プラグマティズム(実践哲学)」で

何となく処世してきたような感もあるのですが、

どこかに行き詰まり感を抱いていたことも否めません。

つまり、<通俗性>が強すぎて、世俗的な「成功哲学(自己啓発)」論の

匂いも感じられ、胡散臭さを嗅ぎ分けることにもなったからでしょう。

ある程度の「社会人」生活も経て、

再び、30代前半あたりに、「生の危機」感を迎えたのでした。

この人生における転換地点から、

管理人独自の「文系的世界観」に偏った

人生観・世界観からの脱却の旅が始まったようです。

ちょうどその数年前あたりから、

数学者の岡潔先生の復権が始まったこともあって、

この時期に「再読」してもいた『日本の国という水槽の水の入れ替え方』

(岡潔著、成甲書房、2004年:ちなみに、この本は、

<本のソムリエ>で有名な清水克衛さんの

『魂の読書』(育鵬社、2016年)でも推薦されています。)によって、

<生の哲学者>とされるベルクソンに出会うことになりました。

これが、管理人との直接的接触の始まりでした。

(つまり、受験的知識ではなくという意味です。)

「哲学」的思索の過程は、個々の人生遍歴そのものと重なり合うこともあって、

今後とも、少しずつ、「小出し」しながら、

数々の書籍のご紹介とともに語らせて頂くことになりますが、

そんな「生の危機」感にあらためて見舞われだした頃から、

ベルクソンに急接近することになった次第であります。

このあたりから、管理人自身の「実存主義哲学」を超越する

あらたな段階へと突入していきました。

それが、「数理的科学思考」をもった哲学的視点の

重要性と再認識でありました。

著者も、本書を通じて、現代が、「形而上学」受難の時代である原因には、

現代哲学者が、「科学精神」を忘却してしまったことに大きな原因が

あったのではないかと問われています。

その珍しい例外こそが、ベルクソンとホワイトヘッドであります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここに、本書における問題意識の主題もありますので、

遅ればせながら、

ここで、本書の内容構成の要約に入らせて頂くことにします。

「はじめに」

「Ⅰ <あいだ>と生成-われわれはどこから来たのか」

① 存在と無の<あいだ>

② 過去と現在の<あいだ>

③ 異交通的生成

※第Ⅰ部では、「起原論」をテーマに、

人「間」は、まさしく、この世界(宇宙時空)の<あいだ>に

生を受けた存在であることから思索展開が始まります。

本書のいわば「序曲」でもあります。

著者は、ベルクソン以前と以後の大きな世界観の違いの

一つに「科学的世界観」を取り上げられていますが、

先にも触れさせて頂いたトマス・アクィナスが

批判的に受容継承していった

アリストテレス的「静(不動)的世界観」を超克していく

視点を提供した点に、ベルクソン哲学の転回があるといいます。

その視点を端的に著者独自の表現をお借りすると、

「単交通的な生成モデル<ありなし間>(トマス・アクィナス≒

アリストテレス)から<いまかつて間>(ベルクソン)へと

生成発展していく異交通的な生成モデル」ということに

なりましょう。

要約すると、<神>と<人間>が別々に棲み分けていた世界観と

いった視点から、

<神>の中に<人間>をも内在させていくような

<神々>の複数性の視点とでも言い換えることが出来ましょう。

そのことは、第Ⅲ部ともつながりますが、

近代の単純な「神は死んだ!!」(ニーチェ)とする視点が、

かえって、「未完成体」の<人間>を「完成体」の<神>と

同次元に扱う「傲慢」な世界観をもたらした反省から、

そうした近代が大前提としてきた<神=人間>の世界観を

見直すためのヒントをベルクソン哲学に見出します。

「Ⅱ 進化と痕跡-われわれは何であるのか」

① 生物学と実証的形而上学

② 分岐と痕跡

③ 知性と横断

④ 開いた動対応へ

※このように、「科学精神」を非常に重要視したベルクソンですから、

「唯物論」者かといえば、「さにあらず!!」で、

また、インターネット辞典「ウィキペディア」のような

「わかりやすい」解説にもあるような「唯心論」者かというと、

そうでもない多角的なベルクソン像が、

著者によって、提示されています。

特に、生物学における「進化論」に造詣が深かったベルクソンは、

「直線的」進化ではない「分岐的」進化といった視点から、

ベルクソン独自の『創造的進化』などが提唱されていく思考の軌跡が

読み取れる解説がされています。

ダーウィン自身の「進化論」も個体重視型と「誤解」もされているようですし、

その後の「遺伝学」の進展を通じたダーウィン「進化論」の当初の問題意識や

目論見も再検討されてきて現代に至りますが、

生物全体の「類」を含めた「分岐」を境目としながらも、

それぞれの<あいだ>を形成していった共進化傾向といった進化像こそ、

現代進化論の良心的な生物学者の「仮説」でもあるようです。

まとめますと、「生物」は、「ただ<盲目的>に生きている」わけではなく、

何らかの「目的意識」を持ちながら、「創造的」に生きようとしてきたのが、

生物の実相だったのかもしれません。

「人間」も含めて、他の生命体の「心」を読み解くことは

困難ではありますが、

少なくとも、「盲目的」よりも「創造的」に生きようとしてきたと

「信じる」方が、「合理的」な生き方なのかもしれません。

それが、第Ⅲ部から拡大されてもいく

「人類」の厭世観・虚無観からの

「解放への道」でもあるのでしょう。

次の第Ⅲ部では、空海密教思想にも通じる「即身成仏論」も

加味して、ベルクソン哲学が再検討されていますが、

<神≒人間>だからこそ、

少しでも、「未完成体」から「完成体」へと近づこうとする

生への意志を持つことによって、

生きる意欲にもつながり、

死後の安心感にもつながるのかもしれません。

このあたりになると、各人各様の「信仰観」の世界にも

突入しますので、無理な論旨展開には慎重でなくてはなりませんが、

著者も管理人も大胆にも、こうした世界観にも通暁した<生の哲学>が、

「今こそ必要で開拓されるべき!!」だと確信していますので、

もう少し、著者の言葉に触れながら、考察していきましょう。

「Ⅲ 神秘系と機械系-われわれはどこへ行くのか」

① 神仏への道

② 開いた社会と密厳浄土

③ マンダラと二重狂乱

※この宇宙は、すでに「決定」されているのか、

それとも、「未決定」なのかという重要問題も、

科学でも哲学でも未だ解決仕切れていませんが、

一つの方法として、「色即是空 空即是色」的な

仏教的解決やそれを数学的に解決する処方箋として

「空」集合のようなイメージ像もあります。

こうしたイメージ像を拡張していった果てにこそ、

「開かれた社会」もあるのでしょう。

もっとも、「生きている」<あいだ>には、

体験不可能な社会領域ではありますが、

こうしたイメージ像を持つことで、

「確信」にまでは至らずとも、

「安心の境地」には、

一歩近づくことが出来るのではありますまいか・・・とも

個人的には思われます。

ベルクソンの<生の哲学>の特徴は、

科学との「相補性」にあるとも言われています。

著者も、科学的「機械系」が強まることと相まって、

人間(生物)的「神秘系」が「要請」されてくるのではないかと

ベルクソンを引き合いにして、考察されています。

「おわりに」

「文献案内」

「アンリ・ベルクソン略年譜」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上で、本書の大まかな見取り図の

ご紹介は終わりましたので、

詳細は各自の独自目線でご一読下さることを

お願い申し上げます。

「それでもなお!!」生きよう、人類後史のために・・・

ところで、ベルクソンのような<生の哲学>とともに、

思索しながら生きていると、

ヘーゲルのような単なる「相互承認」の次元や、

ハイデガーのような世俗世界に踏みとどまる「世界内存在」としての

人間観・世界観を一歩踏み出す勇気を与えてくれます。

世界の「哲学史」を子細に観察していると、

「あの世」から「この世」を切り離しながら、

人間の世界像は進展してきたようです。

つまり、「宗教」と「科学」と「哲学」の

「三位一体」の分断の歴史であったということです。

このところ、キリスト教の「三位一体説(父と子と精霊)」を

独自考察しているのですが、

一見すると、理性に反する見方のようですが、

この見立てが、人類を辛うじて「救済」してきたのかもしれません。

あるいは、イスラム教にも見られる「偶像崇拝」の禁止の知恵も

同様だと思われます。

21世紀現在、未だに人類は苦しい対立を続けていますが、

共通する世界観は、必ずあると信じています。

身体は、「有限」で「この世」に束縛されてはいますが、

心(意識あるいは魂)は、「あの世」にも飛翔展開させることが叶います。

実は、これが、「生命の<原理>」であって、

「自由意志」が残されている理由も、

「自由」な想像力や創造力によって、

「責任」を持たされているからだと考えています。

前者の「自由」が、「未決定論」だとするならば、

後者の「責任」が、「決定論」に属する問題なのではないかとも

考えています。

言い換えますと、「人間」は、この宇宙時空の<あいだ>で、

「自由=未決定世界」と「責任=決定世界」の領域にまたがる

「有機的生命体」だということになります。

量子物理学の世界観では、観測「前」と観測「後」で、

「可能」世界の確率波は「収縮」して、

「現実」世界が生成されるとの解釈があるようですが、

ベルクソン哲学にも類似した見立てがあるようですね。

その「収縮」の過程で生起している現象が、

ベルクソンの表現では、

「二重生成=異交通の結果としてのさらなる異質性の生成=

持続性の継起」とも解釈し得るのではないかと思われます。

このように、ベルクソン哲学を著者のヒントをお借りしながら

管理人も独自目線で読み進めてきたわけですが、

「科学と神秘」の「接点<境目=あいだ>」も

ベルクソン哲学を通して、あらためて再検討してみると、

また、これまでとは一段と違った世界観に出会えるようですね。

まとめますと、ベルクソン哲学は、「出会いの<場>」を

用意してくれているのかもしれませんね。

それが、「異交通の効果」なのでしょう。

面白いことですが、著者は、空海密教思想の視点と

ベルクソン哲学の交錯地点を重ね合わせながら、

独自の<あいだ>哲学を探究してこられたといいますが、

これが、「森羅万象の<調和の旋律>」を奏でているのです。

著者による見事な感慨深い「交響曲」でありました。

これからも目が離せない著者の独自哲学ですが、

著者も日本の「ベルクソン主義の歴史」を共有してきた

京都学派」に属する研究者のようですので、

今後ともご活躍されるとともに、

人類後史のための「より良き」知的ヒントを

提案して頂きたく、さらなるご健闘をお祈り申し上げます。

ということで、皆さんにも「生きる糧」となり得る

<生の哲学者>ベルクソンさんをご紹介させて頂きましたので、

これを奇縁として、「人類愛をもたらす道」を

ともに構築するための事業にご参加頂きたく、

この本をご一読されることをお薦めさせて頂きます。

なお、著者は、インターネットでも

まぶさび庵の扉を公開されていますので、

そちらの方もご参照下されば幸いであります。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link




 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.