鏡音リンも歌う「いろは唄」!!薩摩隼人も「いろは歌」でロック!!

Pocket

あのボーカロイド「鏡音リン」も歌う「いろは唄」

「いろは歌」には、様々なものがあります。

「鏡音リン」の歌う「いろは唄」が一般的には

よく知られていますね。

「色はにほへど 散りぬるを我が世たれぞ 常ならむ有為の奥山

今日越えて浅き夢見じ 酔ひもせず」

実は、薩摩にも伝わる「いろは歌」があるので、今回はこの本をご紹介しましょう。

「薩摩の聖君 島津日新公の教え~いろは歌47首に学ぶ善悪の理~」(清水榮一著、PHP、2009年)

戦国時代、島津貴久と協力して「薩摩統一」を

果たしたのが、その父である島津忠良(日新公)です。

日本人は、このところ道義心を失ってしまったようです。

「道徳」といえば、「法律」が最低ライン。

その「法律」すらもすり抜けようとする「おとな」がいます。

そんな「おとな」の風潮を見て育つ「こども」は、かわいそうです。

「道徳教育」も必修化に向けて「教育再生」しようとしていますね。

ただ、私たちが戦後この方受けてきた教育は、「教科書重視」

なかんずく「道徳」はなかなか「教科書」だけでは正直伝わりにくい

ところもあったようです。

そこで、昔の人の知恵に倣って「うた」で身体になじませてはどうか

と提案したくてこの本を取り上げてみました。

昔は「道歌」というのがあった!!

日本人は、「言葉」よりも「うた」を重んじてきたようです。

近年の脳科学研究から判明したのは、「左脳(言葉重視)」よりも

「右脳(情緒・リズム重視)」の方が日本人にとってはなじみやすいそうです。

そんな「学習効果」もふまえて「いろは歌」を様々な音楽にしてみたら、

現代のこどもたちも喜んでくれそうです。

さて、昔の人は「道徳教育」を子守歌などを通じて「自然なリズム」

とともに学んでいたようです。

そんな「道徳」を取り入れた「うた」を「道歌」と言ったようですね。

武士などの支配階級は、「論語」など「漢文」で学んでいたようで

現代の教育にもその名残が残っているようです。

一方で、庶民レベルでは、「和歌・道歌」

とてもやさしいリズムで「大上段に構えた教育」を受けたわけでは

なさそうです。

なぜ、日本では「道徳」について各層でこんなに皮膚感覚が違うのか?

それはここに由来するのではないか、と私は考えています。

「声に出して歌いましょう!!~道歌~」

「声に出して読みたい日本語」でおなじみの「齋藤孝先生」では

ありませんが、このアイディアを「道徳教育」にも活かしたいものです。

どうも「散文」で「道徳教育」をするというのが、今のこどもにとって

イヤな感じがするのではないか?

もちろん、家庭で幼い時から「童話・昔話や絵本」に親しんできた「こども」

なら、学校でも素直に学ぶ姿勢が出来ているとは思います。

なので、一概には言い切れないところもあるのは承知しているつもりです。

ただ、近年「おとな」である親世代が子育てに手抜きというか「映像」や

「外部の学校」任せにした傾向があるのではないか?

そんな風にどうしても感じてしまうのです。

「こども」も「おとな」も理屈に長けて「素直らしさ」がない。

こんな風に思えて正直悲しい気分がします。

これも今の「ゆとりのない、せっかちで、荒れ狂った」世相の原因だと

思うのです。

本来、「道徳」はみんなが気持ちよく社会で過ごすための「知恵」だったはず。

何も難しいことではないと思うのです。

冒頭の「ボーカロイド」ではないですが、このように面白おかしく「うた」に

してみるのも案外「教育効果」があるのでは、と思いご紹介させて頂きました。

「堅苦しくなくおもしろく!!」

これが、これからの「道徳」です。

この本では、「いろは歌」を通じて様々な知識・知恵を学ぶことができます。

是非、「参考にして頂けたらなぁ」と思います。

ついでに、「こども」向けの関連本として、次の本をご紹介しておきます。

『子どもたちに・・・いにしへのいろはことば-島津日新公いろは歌』

(川畑耕二著、ペンギン社)

※一般書店では「希少本」になっているようですが、「図書館」で探して

みて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.