「紀行文」の記事一覧

ジョナサン・ハイト著『社会はなぜ左と右にわかれるのか』コロナ禍長期化によって推奨される非接触型社会が誘発させる分断対立感情を乗り越えるための道徳心理学入門書

ジョナサン・ハイト著『社会はなぜ左と右にわかれるのか』 本年はコロナ禍とともに世界各国で様々な分断対立現象が 際立った世界史的転換期でした。 日本ではいわゆる大阪都構想を巡る住民投票での拮抗現象。 米国大統領選挙を巡る大混乱劇。 香港を始めとする世界各地での専制独裁支配からの脱却を巡る 民主化闘争劇など。 今回はこうした対立を乗り越えていくための知恵を 道徳心理学の知見に学ぶことにいたします。

笹原和俊著『フェイクニュースを科学する』<事実に基づく報道>という名のフィルター加工情報の信憑性の見極め方とは!?

最近皆さんもフェイクニュースやポスト真実の時代だとかいった 言葉を頻繁に耳にされるようになったのではないでしょうか? そのたびにそもそも事実や真実とは一体いかなる存在なのだろうかと 素朴な疑問を抱かれることも多くなってきたのではないでしょうか? そこで今回は情報ネットワーク理論の最新版として 次第に注目されつつあるという<計算社会科学>の観点から アプローチしていくこの本をご紹介します。

小野田寛郎さんの『生きる』を通じて<恩讐の彼方へ>を志向した未来創造の道をともに開拓していきましょう!!

本年度は改元年。 新元号『令和』に込められた祈念の想いとともに あらためて<戦争と平和>について冷静に見つめ直したいものです。 またぞろ国際情勢がきな臭くなる潜勢力が発動し始めているかに 感受される時節柄に人間の尊厳や先人に対する懺悔・感謝の誠意を 忘却することなく日々の生き方を再検討してみませんか? 今回は小野田寛郎さんの『生きる』を皆さんにお届けいたします。

『中井久夫との対話~生命、こころ、世界~』中井久夫先生の精神医療思想知見から心の安らぎへと至るヒントを探ります!!

IMGP1314

『中井久夫との対話~生命、こころ、世界~』 本書は共著者である村澤真保呂/和多里氏のお父上と 中井久夫氏にご縁があったことから成立した対話「断片」記録集と 中井思想概略と精神医療知見解析から成る「簡約」集。 この著名な精神科医によって獲得されてきた知見を素材に 皆さんとともに心の安らぎへと至るヒントを探究していきます。 キーワードは「内なる自然」と「宇宙」です。 今回はこの本をご紹介します。

番外編:NHK連続テレビ小説『半分、青い。』撮影協力地である岐阜県の魅力ご紹介~現代版中山道旅情紀行編~

IMGP1131

平成30年(2018)夏本番。 NHK朝ドラ『半分、青い。』もすでに終盤へと差しかかる中、 清涼感を求めて岐阜県を再訪してきました。 今回のテーマは、「水」。 ここ近年、急激な勢いで「水」や「風」を始めとする 大自然界からの人類への厳しい問いかけが連続して生起しています。 この度の被災者様にはあらためてお見舞い申し上げますとともに 今後とも誰しもが避けて通れない災害大国:日本を考察します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ