「孤独に強くなるために!!」諸富祥彦先生の「孤独であるためのレッスン」を受ける!!

Pocket

人生を充実した時間にするために必要なこと・・・

それは、「孤独と向き合う時間を大切にすること」です。

きちんと社会と向き合っていくためには、

自分の中に「強い芯」となる「心の御柱」を打ち立てなければ

なりません。

そこで、今回は「孤独と向き合うコツ」を学ぼうと

諸富祥彦先生の「孤独であるためのレッスン」を受けることにします。

そこで、この1冊をご紹介します。

「孤独であるためのレッスン」               (諸富祥彦著、NHKブックス、2001年)

著者は、前にもご紹介させて頂いた「フランクル心理学」

など「トランスパーソナル心理学」がご専門の心理学者です。

まず「タイトル」がいいですね。

「孤独になるためのレッスン」ではなく、

「孤独であるためのレッスン」。

現代社会では、「ひとりになる」時間が年々歳々少なくなっていく

傾向にあります。

また、幼い時から「友達100人できるかな~♪」なんていう

「強迫的な歌」を口ずさむように誘導されていきます。

この歌が「少年少女の心」に与える影響を大人は真剣に考えたことが

あったのでしょうか?

歌は「無意識の心」に多大な影響を与えます。

このことが原因で「精神的トラウマ」になる日本人は多いと思います。

日本人は、「世間の目を過剰に気にする」性格があります。

一概に断定することは出来ませんが、この歌を喜んで受け入れる方は

少ないのではないかという感じがします。

「ひとりでいることは悪いこと」だとされる「教育環境」の中では、

萎縮してしまうと思うのです。

もちろん、人の性格は多様なので決めつけることは避けねばなりません。

それでも、管理人を含め多くの方が「心の傷」で大人になっても

悩み苦しんでおられると思い、ここに取り上げさせて頂きました。

人は「孤独な時間」の中でこそ成長する!!

心理学では、「自我」が中心テーマとなるようです。

果たして、「自我」とは何か?

あるのかないのかも定まっていないようです。

仮に「自我」が存在するものとして、

「自我」は強いものなのか、弱いものなのか?

人間は、社会の中で「心理形成」をしていく生物です。

おのずと「周りの社会環境」に影響されます。

読者の方がイメージしやすいように、

仮に「自我=自分の芯=心の御柱=大黒柱」とします。

ここの部分がしっかりしていないと「世界という名の風」

になぎ倒されてしまいますよね。

私たちは、幼少時から「教育」されていきますが、

「人間の社会化」に過剰に偏っています。

この「教育」では、人間の「自我」は弱いものと仮定

されていますので、外から「補強」してやろうということに

なります。

ですから、「集団教育」が日本では主流だったのでしょう。

そのため、「個性尊重」とは名ばかりで「一人一人の心の内」を

重視する「内観教育」は無視されたのでしょう。

「集団教育」とは別に「個別教育」に比重を移していかないと

さらなる「犠牲者」を生み出し、日本も「孤立」していくものと

思われます。

「自我の強化」は、「孤独な時間」にしか養うことは出来ません。

孤独であるための8つの条件

著者は、「トランスパーソナル心理学」を重視しています。

管理人の解釈では、「トランスパーソナル」とは、

外向けの「自我」よりも内向けの「自我」に寄り添うことで

「もう一人の自分」に出会うことだとイメージしています。

その「もう一人の自分」から、普段の「よそ行きの自分」を

俯瞰的に見つめ直す作業を「孤独な時間」の中で行うものだと

考えています。

さて、著者は「孤独であるための8つの条件」として下記の

「条件」を挙げておられます。

① 「わかり合えない人とは、わかり合えないままでいい」と

認める勇気を持て。

② 人間関係についての「歪んだ思い込みやこだわり」に気づけ。

③ 自分の人生で「ほんとうに大切な何か」を見つけよ。

④ 「自分は間もなく死ぬ」という厳然たる事実を見つめよ。

⑤ 「たった一つの人生という作品」をどうつくるか、絶えず

構想しながら生きよ。

⑥ ソーシャルスキルを身につけよ。他人の話を聴き、他人を認めよ。

⑦ 「この人だけは私を見捨てない。どこかで見守ってくれている」。

そう思える人を見つけよ。

⑧ 自分だけは自分の味方であれ。「自分を見守るまなざし」を自分の

中に育め。

管理人は、①と⑦の「条件」を知ってからは「生きるのが多少ラク」

なりました。

ただ、自分にとっては②と⑥の部分が弱いところがあるので「人生の課題」

として「死ぬまで」学び続けることでしょう。

「自分の世界を確立」するということは、同時に「世界」と摩擦することも

意味します。

ここで、「内向型人間」である管理人はいつも「緊張」してしまいます。

「自分が傷つくこと、他人を傷つけてしまうこと」に敏感に反応してしまうのです。

その結果、周りから「オープンマインド」と言われても

「心を閉ざして」「心の壁」を作ってしまうのです。

かといって、この部分を「保護」してやれるのは自分だけでもあります。

それが、⑧の「条件」と符号します。

③と⑤は、いつも「意識」していることなので「より洗練」させていくのが

「人生の深化」だと思っています。

と、ここまで考えてみると最後は④が何にもまして大切だということです。

「自分と他人(世間・世界)」と和解して「生きやすく」なるためには、

常に④を意識することです。

この④さえ意識していれば、「評価や比較」とは無縁になれると思います。

「マイナスエネルギー」を感じた時には、皆さんもこの④を意識してみては

いかがでしょうか?

管理人の「考察」がどこまで有効かは「自分の人生」の中で、絶えず検証して

いくことになります。

この「考察」が、皆さんのご参考になるかどうかは心許ないことですが、

是非「孤独であるための8つの条件」を実践して頂ければ「生きづらさ」

多少は解消するのではないでしょうか?

幼少時から植え付けられた「ダブルバインド心理状況」に悩むすべての方へ

お届けさせて頂きます。

なお、「孤独」についてもっと深く考えてみたいという方へ、

「孤独と上手につきあう9つの習慣」

「コフート心理学」の影響を受けた精神科医である

和田秀樹先生の著作(大和書房、2015年)です。

「人にも時代にも振りまわされない-働く女の仕事のルール

~貧困と孤独の不安が消える働き方」

(有川真由美著、きずな出版、2015年)

働く「女」とありますが、「女」以外の方でもご参考になる本です。

「孤独になれば、道は拓ける」

(千田琢哉、大和書房、2015年)

「孤独について~生きるのが困難な人々へ」

(中島義道、文春文庫、2008年)

戦う哲学者として定評のある中島義道先生の本です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

One Response to “「孤独に強くなるために!!」諸富祥彦先生の「孤独であるためのレッスン」を受ける!!”

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.