加島祥造先生の「わたしが人生について語るなら」「求めない」生き方を探る柔らかな人生論!!

Pocket

「人生は長いようで短い」

「人生は一回限り」

日々懸命に生きていると、意外に

この「真実」を忘れてしまいますよね。

そこで、皆さんにご提案です。

疲れたら、重荷をおろして一服してみましょう。

人生の「来し方行く末」を振り返りながら、

じっくりと見つめ直すのはいかがですか?

「求めない」「柔らかな」人生論に、少し耳を

傾けてみませんか?

今回は、この本を皆さんにお届けします。

「わたしが人生について語るなら」             (加島祥造著、ポプラ新書、2013年)

※ 児童向けの「未来のおとなへ語る わたしが人生について語るなら」

(ポプラ社、2010年)を再編集「新書化」したものです。

加島祥造先生(以下、著者)は、有名な英米文学者です。

米国作家のウィリアム・フォークナーやマーク・トウェインなど、

数々の翻訳で優れた文学作品を世に送り出して来られました。

管理人と加島祥造先生との出会いというか、「私淑」を

始めたのは、高校に入学して間もない頃でした。

英語が得意だったので、なにか「名言集」でもないかなぁと

書店をうろついていた時です。

それが、『英語名言集』(岩波ジュニア新書、1993年)との出会いでした。

当時、簡単な英語のことわざなどに凝っていましたので、興味関心

があって購入したのです。

この時に暗唱した名文は、残念ながらほとんど忘れてしまいましたが

英語のリズムに触れて、ここから「洋楽」を聞くきっかけにもなりました。

<Where there is a way, there is a will!!>

(意志有るところに、道は拓ける)

この言葉が、今の自分を作っているのかと思うと感慨深いものがあります。

子どもの頃の感覚を思い出してみる

著者は、「△(とんがらず)、□(角ばらず)、○(転がっていく)」

のが人生の流れのようだ、と有名な「おでんの形」を解釈されています。

20代前半までは、「教育」で「とんがった」上昇志向を植え付けられ、

社会に出てからは、絶えず「社会での評価」にさらされて「固く」なり、

ある程度の年齢で「自己に目覚める」と、「まろやかな」石のように

転がり遊ぶ人生を送っていくというイメージです。

つまり、人生の前半から後半にかけて、段々と「角が取れていく」という

ことですね。

考えてみれば、当たり前のようですが・・・

吉田松陰先生ではないですが、人それぞれ「人生には四季」があります。

だから、このような「人生の法則」に無理に自分を当てはめて生きる

必要もないはずです。

生まれ落ちる時も、死ぬときも「本来無一物」なのですから・・・

にもかかわらず、社会で生きる人間は「役に立つ」ことを大前提に

教育されていきます。

人間本来の「意志」が強制的にゆがめられていくのです。

いうまでもなく、現代社会では「貨幣経済」を前提に「生計をたてる」

社会が主流ですので、普通の発想では、なかなか「おりる」ことが

困難です。

「生きること=稼ぐ」ことが、本来の人生の目的ではないはずです。

よほどの覚悟をもって意識して人生設計しない限り、

「稼ぐことだけに集中して人生は終わってしまいます!!」

だからこそ、皆さんに立ち止まって考えて頂きたいのです。

「人生は思っているほど長くはない」

「ある日、突然お迎えが来る」ということを・・・

管理人も含め、すべての方に固有の人生があるはずです。

「何のために仕事があり、取り組むのか?」

それは、「相互扶助」が目的のはずで、

「出世争いや肩書き競争」では決してないはずです。

「短い人生なんだから、お互いに楽しく暮らしたい」ものです。

そこで、暇で落ち着いた時で構いませんので皆さんに

もう一度「子どもの頃の感覚」を思い出して頂きたいのです。

好きなことが、生きる糧となる!!

ここで、あらためて人類史を振り返ってみましょう。

大昔、人類はまだ「集団生活」をしていませんでした。

基本的に「小さな群れ」で「自給自足生活」が長く続いていたようです。

ある時代を境にして、「農業」が発達し始めます。

そこから水利権などを巡って「なわばり争い」に発展していきます。

現代に至る「規模の経済拡大路線」です。

「鉄などの武器」により、「大きな」集団や組織に馴染まない者は

容赦なく支配服従を迫られていきます。

そして、現在「集団組織に所属」することが「常識」になりました。

やがて、「技術革新」が極度にまで進んだ結果でしょうか?

自然な「人口調整」が始まったようです。

「インターネット時代」になり、「組織のあり方」が21世紀に

入ってから「急激に」変化していっているようです。

私たちは、このような「歴史的過程」の真っ只中にいます。

再び人類が「個別の小さな集団」にかえってそれぞれの「創造的生活」

に回帰していくのか、それとも・・・

さらなる「規模の拡大」を追求して「個性を圧殺」するところまで

突き進んでいくのか?

今が、まさにその「正念場」です。

「時代は、人類の想念によって決まる」といいます。

良い方向に変わるか、悪い方向に変わるかは、一人一人の「想念(エネルギー)」

の方向性にかかっています。

次世代へ「明るい未来」を約束するために・・・

今を生きるすべての人間が、「余生を充実」させるためにも・・・

是非、子どもの頃の童心を思い出して「好きなこと」

楽しくともに生きて参りましょう。

必ずしもすぐに「役に立つ」必要はありません。

他者を危害しない限り、

「お互い様」

「おかげさま」の慈悲の心で

ともに生きていこうではありませんか?

「人生は芸術のような創造的作品」

お互いに、「力を抜いて柔らかな人生」を歩いていきましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.