「メディア論」の記事一覧

中野信子女史の『メタル脳~天才は残酷な音楽を好む~』大勢順応志向ではない<非>社会的生活を否応なくせざるを得なくなる  近未来の人類へ向けられた人生応援讃歌エッセーです!!

IMGP1381

中野信子女史の『メタル脳~天才は残酷な音楽を好む~』 <天才>とか<頭がよくなる>とかは保証できませんが 本書はあくまでもエッセー集として楽しめる1冊。 ですので純粋学問的批評であまり突っ込みすぎず この厳しい日常生活の中で固くなった頭と体と心を 軽く解きほぐすような感覚でお楽しみ下さいませ。 能書き不要。 『へヴィメタルは贅沢なロケンロール!!』なんであります。 今回はこの本をご紹介します。

ウェンディ・ブラウン氏『いかにして民主主義は失われていくのか』経済的観点だけで新自由主義批判を繰り返していると思わぬ  落とし穴が待ち受けているよと示唆する書です!!

『いかにして民主主義は失われていくのか』 米国の政治哲学者ウェンディ・ブラウン氏による 新自由主義批判論考書。 現在世に流布しているいわゆる<新自由主義>批判書は 星の数ほどありますが、本書はこれまでの類書とは 少し趣を異にする視点から論じられています。 民主主義原理(民衆自治)論の観点から あらためて新自由主義思想を捉え直していこうとする 発想が底流にはあります。 今回はこの本をご紹介します。

大黒岳彦先生の『情報社会の<哲学>』非人称的コミュニケーションの連鎖的持続を主体に据えたメディア社会システム論とともに 創造展開されゆく新たな倫理哲学の可能性を探究しよう!!

『情報社会の<哲学>~グーグル・ビッグデータ・人工知能~』 従来の<マス>メディア観を革命的に転換させるメディア生態観を 提供したマクルーハンやルーマンなどの思想哲学を手がかりに 分析考察された大黒岳彦先生による論考書です。 今後の人工知能時代における<超>人間的=非人称的コミュニケーションを 主体に据えた情報社会の倫理的課題をともに探究しましょう。 今回は、この本をご紹介します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ