藤田正勝先生の「九鬼周造~理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学」人生意気に感ず、功名誰か復た論ぜん!?

Pocket

「九鬼周造~理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学~」

九鬼周造の名著『「いき」の構造』の全注釈を手がけられた

藤田正勝先生による九鬼哲学入門書です。

「いき」とは、「生命の息吹」を蘇生させる美意識です。

現代日本文化は、純粋経済論理に押し切られ、

もはや「粋」ではなく「酔」の領域に達しています。

文化から色香が無くなれば・・・

人情の機微も冷たくなるばかり。

今回は、この本をご紹介します。

「九鬼周造~理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学~」(藤田正勝著、講談社選書メチエ、2016年)

藤田正勝先生(以下、著者)は、現在、京都大学大学院総合生存学館教授を

務められている「京都学派」に属する哲学者です。

ご専門は、ドイツ哲学・日本哲学だといいます。

ドイツ哲学については、本書の主人公九鬼周造にも

多大な影響を与えたとされるシェリング哲学。

日本哲学については、「京都学派」を代表する西田幾多郎哲学を

ことに研究対象とされているといいます。

その成果としてはそれぞれ

『シェリング読本』(共編、法政大学出版局)

『現代思想としての西田幾多郎哲学』(講談社選書メチエ)

『西田幾多郎』(岩波新書)などに結実されています。

著者は、学生時代に九鬼周造博士の名著『「いき」の構造』

読まれたことをきっかけに、その独特な「いき」の世界へと

引き込まれていったと本書<あとがき>にて語られています。

そうした出会いから九鬼哲学の魅力により深く迫っていくことで

あらたな「生の哲学」を探究される道へと入って行かれたそうです。

そうした道のりの過程で、自らも新たな『「いき」の構造』に関する

全注釈(新訳)事業に取り組まれています。

それが、『「いき」の構造』(講談社学術文庫、2003年)であります。

そんな<九鬼哲学>ですが、

日本の哲学者としては、かなり「異色」かつ「孤高」の存在だったことから

その独特な哲学的世界観の全体像を把握するには

かなりのハードルの高さがあるように思われます。

また、詩人や歌人としても活躍されており、

いわゆる「文化人」的要素が多々見受けられるために、

「哲学」を単なる「理知的学問」としてイメージされている方にとっては

取っ付きにくい哲学者だとみなされてもいるようです。

あるいは、その正反対として、「文学」や「芸術」などの

多彩な文化に日々触れられている方にとっては、

ある意味わかりやすくて、これほど親しみやすい哲学者も

他にはいないのではないかというように

その評価は二分されているようです。

このように<九鬼哲学>への親近感には

人によってかなりの「ばらつき」があるように思われます。

(あくまで、管理人の勝手な推測にしかすぎませんが・・・)

そんな豊饒かつ独特な世界観を持つ<九鬼哲学>ですが、

一読して全体像を掴みづらい方にお薦めの「九鬼哲学入門書」が

この1冊ということでご推薦させて頂きました。

というのも管理人の個人的感想ですが、

<九鬼哲学>に多大な魅力を感じて、

一般的<九鬼周造>著作集(例えば、岩波文庫本など)を読み進めていても

その背景となる解説情報がこれまでの一般向け「新書」には

少なかったように思われたからです。

いわゆる<九鬼哲学プロパー(専門特化)>本が

あまりにも一般向け読書市場には少ないように見受けられたからです。

後ほど、本記事末尾の参考推薦図書でもご紹介させて頂きますが、

「新書」形式の手軽な解説書でも、

日本の「代表的」哲学者の一人としてしか解説されていないものが

ほとんどだったように感じられます。

管理人と<九鬼哲学>との出会いは、後ほど本文内のエッセー項目で

語らせて頂こうと思いますが、

まずは、本書からその<九鬼哲学>の概要を要約ご紹介させて頂くことから

始めさせて頂きましょう。

ということで、「<生きた>哲学の復権を目指して!!」をテーマ

皆さんとともに<九鬼哲学>のさらなる魅力に迫っていきましょうという

趣旨でこの本を取り上げさせて頂きました。

風流な「いき」のある遊び文化を呼び戻させる<九鬼哲学>の 魅力に迫る!!

それでは、本書の内容構成の要約に入らせて頂きます。

①『序章 九鬼周造-「ことば」の哲学者』

※本章では、九鬼周造の人となりと思想を

「ことば」の哲学者として語り始められています。

九鬼周造の詳細な経歴解説については、

次章で触れられていますので、そちらをご一読頂くとしまして、

著者の見立てでは、

『「いき」の構造』の扉裏に記されたメーヌ・ド・ビランというフランスの

哲学者が示したとされる<思考は存在全体を満たさなければならない>に

象徴されているといいます。(本書7頁ご参照のこと)

管理人にとって、この本で今回はじめて知った「素顔」ですが、

「心的内面」に深く立ち入った哲学的考察をされていった

<神秘主義>的側面を有した哲学者だったようです。

これからご紹介させて頂きますように

<九鬼哲学>には数々のフランス哲学者や文人の影響が見られます。

というのも、もちろん、九鬼周造自身にフランス留学経験があるからなのですが、

九鬼周造ならずとも、この時代を生きた日本の知識人には、

フランス体験をされた方が多かったようです。

前にもご紹介させて頂いた数学者の岡潔博士を始め、

中江兆民西園寺公望などもフランス留学組として

とりわけ有名です。

「現代思想」としてのフランス哲学からは想像も及びませんが、

この頃のフランス哲学には、まだまだ<モラリスト>の系譜や

<生の哲学>の系譜が生き生きと色づいていたようです。

管理人自身は、「実存主義」哲学者サルトル以来の系統には

まるで生きた要素が感じられることなく親しみも湧いてこないのが

正直な実感ですが、少なくともベルクソンポアンカレあたりまでの

哲学者には多大な敬愛の念を抱いています。

そのような個人的趣味嗜好性はともかくとしまして、

こうした当時のフランス文化哲学の底流にあった<生の息吹>を

感じながら、やがて独自の<九鬼哲学>を花開かせていくことになりました。

九鬼周造の哲学的特徴は、「ことば」を単なる観念的な知的遊戯の道具に

貶めることなく、「ことば」への確かな信頼の裏付けの下、

「ことば」への愛着を深めていったところにある

著者は解説されています。(本書11~13頁ご参照のこと)

そうした九鬼周造自身の「ことば」への取り組み方は、

特に『第6章 文学・詩・押韻』で詳細に描かれていますが、

多角度から「ことば」へと接近していったのが、

九鬼周造の流儀だったようです。

このあたりは、前にもご紹介させて頂きました

「文人」哲学者和辻哲郎にも見受けられる視点ですが、

<あいだ>を主題に独自哲学を開拓していった点には共通項があるものの

その「美的」世界観には大きな隔たりもあったようですね。

このような九鬼周造には、「ことば」の中に<生の息吹>を見出しながら

体感していく独自の言語観がありましたので、

「ことば」から「いのち」が生み出される過程(構造)に興味関心が移り、

やがて、名著『「いき」の構造』へと結実していくことになります。

そうした問題意識から、偶然論や時間論、音韻論などにも

さらなる探究の領域が拡張されていったのが

<九鬼哲学>のおおよその概要であります。

②『第1章 九鬼周造の生涯と思想』

本章では、<九鬼哲学>が生み出されていく

九鬼周造自身の生まれ持った性格や成育環境が

詳細に解説されています。

父「隆一」は、厳格な官公吏だったようで、

「男爵」であったといいます。

「歴史好き」の管理人の個人的関心からは、

あの「九鬼水軍」を率いた九鬼嘉隆の末裔だったというところにしか

興味が惹かれるにすぎませんが、

そのような厳格な父君と結婚されたのが

母「波津」だったといいます。

この母君のご生涯も波乱に満ちた人生だったようですが、

そのあたりの詳細は、本書をご一読下さいませ。

ともかくも、著者も『詳細は定かではない。』(本書17頁)と

母君のご経歴については慎重に表現されていますが、

花柳界という当時の「遊里」文化とも接点があったとされているようです。

いずれにせよ、こうした母君から得た文化的背景や

「恋多き」多情な九鬼周造自身の生き様から、

人間関係にまつわる「いき」を主題に独自哲学を創作していったことは

間違いないようです。

そこで、九鬼周造自身が影響を受けた哲学者・文人などを

ご紹介しておきましょう。

ケーベル

・ベルクソン

リッケルト

フッサール

ハイデガー

ポール・ヴァレリー

などなど・・・

九鬼周造と各人の交際関係の詳細事情については、

本書の解説に委ねさせて頂くこととしまして、

<哲学>的観点から数点だけ捕捉説明させて頂くと、

リッケルトは「新カント」学派の代表者とされています。

現代ではあまり一般には馴染みのない哲学者であるようですが、

九鬼周造が学生時代を過ごした頃(1900年代初期)の

日本の知識人の間では、その名が浸透していたようです。

管理人も、このリッケルト自身の「新カント」学派の

詳細についてはあまり深く知りませんが、

「法学徒」だった学生の頃に、

その「文語体」に苦心惨憺しながら

何とか最後まで読み通した『世界法の理論』の著者であり

最高裁長官も務められた田中耕太郎博士が影響を受けた

哲学者であったというところから、

その名を知ることになりました。

管理人の学生時代の専攻は、「商法」でもあったことや

「法哲学」の領域にも多大な興味関心があったこともあって、

田中耕太郎博士の著作に触れるきっかけになったのです。

今では懐かしい思い出の一コマになってしまいましたが・・・

精一杯「背伸び」しながら知的好奇心の赴くままに

将来この学習課程が、何の役に立つのかも考えずに

ただただ読み進めていったことは、

社会での「出世」という観点では

さほど役立ちはしませんでしたが、

少なくとも難しいテーマに挑戦していこうとする

「知的意欲」を育て上げることが出来た点では、

今でも多大な精神的「糧」となっています。

つまりは、大学で学ぶ目的とは、

「自学・自習力(厳しい社会情勢や人間関係にもめげずに

豊かな知性と感性をもって人生を有意義に生き抜くための知的冒険心)を

養うことにあり!!」と老婆心ながら強調させて頂きたかったわけです。

大学時代の敬愛する恩師も嘆いておられましたが、

現代教育事情では、「教育的配慮」と称した

「わかりやすい図説解説本」ばやりで、

「お粥のようなふやけた」教育<娯楽>本が

教育現場の主流を占めているようです。

もちろんこのような「即効性ある」解説本で

学科試験などを乗り切るのも一概に責めきれるものでは

ありません(管理人も試験対策はそのような姿勢でしたから

偉そうなことは言えませんので・・・)が、

「背伸び」する感覚が身に付かないことには、

将来社会に出て、様々な場所で「働く」際や

人生における難題にぶつかった際に、

すぐにも「思考停止」してしまう悪いクセが身に付くことにも

なってしまいます。

そのような姿勢が「当たり前」になると・・・

いとも容易く、社会に振り回されてしまって、

自身の「固有」の人生を真剣に歩みきることが

困難になってしまいます。

閑話休題。

一方で、九鬼周造は、フランスとドイツを往ったり来たりするのですが、

ドイツでは「現象学」の大家であるフッサールやハイデガーに

師事したといいます。

その過程で、九鬼自身は、次第にフッサール流現象学の世界から離れていき、

ハイデガー流の「解釈学的」現象学へと急接近していったとされています。

後年の『「いき」の構造』における「いき」の分析方法論として

採用される萌芽がこの季節に芽生え始めた瞬間でした。

つまり、著者の解説によると、

『「いき」の研究は「形相的」ではなく、「解釈的」で

なければならない、という言葉もそのことを示している。』

(本書76頁)と。

(※管理人注釈:ここでいう「形相的」とは「形式・表層的」を意味し、

「解釈的」とは「実質・全身全霊的」で「いき」を意味体験するという趣旨で

使用されている形容詞だと理解しています。)

そうした具体的な「いき」の構造分析研究の成果が

次章で簡潔に解説されています。

③『第2章 「いき」の構造』

※本章では、<九鬼哲学>の主題である「生の哲学」を

探究していく過程で、いわば「いのちのリズム」とも言える

「いき」の本質へといよいよ迫っていくわけですが、

ここで、九鬼自身による「いき」の具体的特徴をまとめておきましょう。

その『「いき」を形成する3つの徴表』として、

・媚態

・意気地

・諦め

の3つを挙げています。

それぞれの詳細な解説は本書に委ねますが、

この「いき」の構造を分析考察する過程で、

人間関係のとりわけ「二元的緊張関係」へと関心を移していきます。

ここで、なぜ九鬼が「二元的緊張関係」に力点を置いた考察を

進めていったかですが、安易な「二元的緊張関係」の解消が、

人間関係における「精神的危機」を呼び込むことにつながることを

予測させるからではないかと思われます。

つまり、そのことが端的に「いき」の美的感覚を殺すのだと・・・

そんなこともあって、著者も解説されておられますように、

近松門左衛門などのいわゆる「心中物」を取り上げなかった理由だったのでは

ないかと指摘されています。

そうした人間関係とりわけ異性間における「二元的緊張関係」の<喪失>を

嫌った九鬼でしたが、それは、彼自身の多彩な恋愛経験に基づくものでも

あったようです。

それが、人間的出会い(邂逅)の不思議(偶然性)という問題意識へと

次第に変遷していったようです。

④『第3章 偶然性の哲学』

その問題意識の一端が、詩人であり歌人でもあった

九鬼の下記の「調べ」にも現れているようです。

『お前と俺、俺とお前

めぐり逢いの秘密、恋の反律。

これは人生の幾何、

なんとか解いてはくれまいか。』(本書63頁)など

多種多様な詩歌の「調べ」の中に鳴り響いています。

こうした「偶然性」への謎解きへの興味関心から

九鬼はシェリング哲学にも共感していったようです。

それが、そもそもの出会いの<きっかけ>をなす

原点にある「原始偶然」という概念への探究考察です。

この「原始偶然」という概念への九鬼とシェリングの

哲学的相違点の解説は、本書に委ねさせて頂くことにします。

いずれにせよ、ここからさらなる「原点回帰」思考へと

連なっていくことになります。

それが、独自の「時間論」で考察されていきます。

⑤『第4章 時間について』

本章では、九鬼の「時間論」について解説されています。

いわゆる古神道などにおける「永遠の中今(なかいま)」信仰とも

重なり合っていくような「時間論」ですが、

そこから人間の「運命愛」の問題にも触れていくことになります。

このあたりになってくると仏教的な「輪廻観」や

ニーチェの「永劫回帰思想」にもつながっていく論点になりますが、

共通するテーマは、

「真剣に人生を生ききり、死にきるには、

どのような生き様を理想とすべきか??」という

「真・善・美」志向の美的倫理観ということになります。

⑥『第5章 芸術・文化・自然』

本章では、そんな「無窮」を志向した時空超越観へと進展させ得る

表現形態として、芸術や自然に視点を移動させていきます。

「人間とは、<一代限り>では完成し得ない存在である!!」

こうしたテーマにまで進展していくと、

もはや「霊的次元」の話、

つまり、「神秘主義」の領域にも入っていくことになり、

「理知的」な哲学が対象とする領域から離れていくことになります。

とはいえ、<九鬼哲学>の特徴は、

「いき」を宿した「生命(いのち)の哲学」を

これまでの狭い物心二元論に囚われた西洋哲学思考のクセを

乗り越えていこうとする『知の人、情の人』(本書9頁)が、

九鬼の人となりですから、可能な限り、「知」の極限にまで

突き進めざるを得ません。

そうです。

九鬼周造とは、「漢(おとこ)」なのです。

「思索のダンディズム」といったところでしょうか?

⑦『第6章 文学・詩・押韻』

本章では、今までの「哲学」とは打て代わって

「文学」や「芸術」がテーマとなっています。

<九鬼哲学>は、このような「文学」や「芸術」にまで

視野を拡張させなければ、その「全貌」が解読者の前に

決して現れ出てくることはないというところに

独自の存在感があります。

とはいえ、これまでの一般向けの<九鬼哲学>解説書では、

あまり「哲学」とは一見関わりがなさそうに見える

「文学」や「芸術」といった周辺分野にまで目配せした

<九鬼哲学>「入門書」はなかったように見受けられます。

(あくまで、管理人がこれまで読んできた範囲ではの話に

なりますが・・・)

その点で、本書はその領域にまで目一杯の羽を伸ばした

秀逸な一品であります。

難しい話は、本書のご一読に委ねさせて頂くことにしまして、

本書の要約ご紹介はここまでとしておきましょう。

巻末には、本書執筆に際しての<参考文献>一覧と

<九鬼周造・著作一覧(随想などを除く)>が

年譜形式でまとめられています。

<九鬼哲学入門書>である本書から

<九鬼哲学>のさらなる奥深い世界観へと「没入」されたい方には、

ここに掲げられた著作集のうちで各自のご興味関心あるテーマから

読み進められていくと親しみやすく感じられることと思います。

管理人も<九鬼哲学>の全著作にまでは挑戦仕切れていませんが、

まずはやはり、主著『「いき」の構造』からが定番でしょう。

その後で、『偶然性の問題』などの諸領域へと

どんどん読み進められていくと、

やがてその「片鱗」にまでは達することが叶うでしょう。

とはいえ、その「全貌」にまで達するとなると

一筋縄ではいかないのも<九鬼哲学>の特徴です。

要するに、「<九鬼哲学>とは、生きた哲学」ゆえに

「そんなに人生を生き急ぎなさんな!!」という声が

<九鬼哲学>の本音なのでしょうよ、きっと・・・

そのあたりの教育的配慮も<九鬼哲学>の魅力のひとつではないかしらと

管理人には思われるのです。

「人生意気に感ず、功名誰か復た論ぜん!!」(魏徴)

さて、ここからは、管理人の<九鬼哲学>との出会いを語らせて頂くとともに

「いき」の精神を探訪する旅へと皆さんとご一緒に出かけましょう。

まずは、管理人と<九鬼哲学>との出会いですが、

「京都」での大学時代へと遡ります。

管理人自身、「なぜ<九鬼哲学>の魅力に惹かれていったのか?」

その背景事情となると、なかなかうまく表現仕切れないところが

あるのですが、管理人自身にも父方の祖母から受け継がれた

多大な文化的要素があったからだと思われます。

その祖母がよく聴かせてくれた講談・講釈的話題や好みだった小説群

(例えば、泉鏡花谷崎潤一郎など)を後年じっくりと思い返してみると、

「なぜ、あんなにも妖艶なテーマの語りが多かったのだろうか?」と

生真面目な「職人肌」の祖母にしては不思議に感じられたことも

あったからです。

そんな語りが、年頃の管理人にも「無意識」に浸透していったようです。

その頃は、まだ「春」も知らぬ「青春」の真っ盛りでもありましたから(笑)、

余計にこのことに深い興味を覚えたのでしょう。

祖母は「京都」出身でもあり、それも昔の丹波・丹後地方が

管理人自身の父方のご先祖様の郷里でもあることから、

その地方特有の文化事情もあったのでしょう。

具体的には、宮津・舞鶴・福知山などですが、

後年、自身の「魂」のルーツを探索していくと

そこには共通の文化的背景があったようです。

そう言えば、説教節で有名な悲哀物語である

山椒大夫』の舞台設定もこのあたりの地域でした。

どうやら「遊里」文化が浸透していた

地域だったことによるものではないかとも

推察しております。

現代では、「遊里」などと言えば、

怪訝な好奇の目で見られますが、

なにぶん、第二次世界大戦前のことでもありますので、

当時としては、そうした文化が一般にも浸透(??)していたようです。

もっとも、このこと自体は、当時も今も「人道(人権)」問題に

関わるシビアな話題ですので、

もちろん、一般的には「触らぬ神には祟りなし」のタブーに触れる問題では

ありました。

とはいえ、そうした「遊里」から生み出されてきた文化には

相当すぐれて洗練された人情の「機微」があったようで、

そのあたりの「妙」や「綾」などが各種の小説などの素材にも

扱われていたことから、当時(明治・大正、昭和戦前期)の

日本人の間では、その「遊里」文化事情から生み出されてきた

教養文化には馴染み深いものもあったようです。

管理人などの若い世代では、なかなか理解も想像も及ばない

文化背景ですが、この頃の小説に親しんでいると、

否応でも、このような特殊な文化背景事情を知悉しておかないと

十二分には消化吸収仕切れません。

また、能楽・狂言や歌舞伎、文楽などを

本格的に堪能しようと思えば、

こうした当時の「遊里」文化事情にもある程度は通じていなければ、

さっぱりそのあらすじも理解出来ませんしね。

高校生時分に管理人が読んできた

当時の「遊里」文化や「恋愛事情」を題材にした小説としては、

『忍ぶ川』三浦哲郎

『桜の実の熟する時』島崎藤村

『潮騒』三島由紀夫)など

多彩な文学作品がありますが、

今時の「ライトノベル」のような恋愛観とは大きく異なるところから

十分に「味読」するのに苦労した覚えがあります。

そのあたりの明治・大正・昭和戦前期における

「恋愛観」の変遷などについては、

母校の優れた先生による解説記事がありましたので、

その並々ならぬ研究心に敬意を表して、

皆さんの読書の際における座右の参考記事として掲げておきます。

(リンク先はこちら

そのような管理人自身による読書歴訪の旅の果てに、

『哲学的に考えたら、「いき」とは一体どないなもんやろか?』との

問いが次第に頭をもたげてきた折に

ついに大学時代に<九鬼哲学>と出会ったというわけです。

「京都」の学生時代に、「京都学派」と呼ばれる

一連の哲学者たちに出会うことになったわけですが、

西田幾多郎氏ほか(その中には和辻哲郎氏も含みます)の哲学者には、

あまりにも「理知的」すぎて親近感が湧かなかったところ、

ついに1冊の哲学書と「文人」哲学者に出会うことになります。

それが、『「いき」の構造』(当時は、岩波文庫版)の著者

九鬼周造氏その人でした。

やはり、こうした独自の旅をしていると、

妙に惹きつけ、惹きつけられるモノやコトがあるようですね・・・

そうして読み進めるうちに、

その<九鬼哲学>の独自世界観にぐいぐいと引き寄せられていったのです。

「この人とどっかで出会ったかもしれん・・・」

「どこか懐かしい気配がするなぁ~」

「(恋愛経験には乏しくも)どことなく自分に似ているかもしれへん・・・」

などなどと心の内で著者と「対話」していくうちに

その魅力にどっぷりと嵌り込んでしまったようです。

その学生時分以来、<九鬼哲学>からは遠ざかっていたのですが、

つい近年(それも今年に入ってから)、

急に九鬼周造氏の「魂」に出会いたくなったのです。

それもまた、九鬼周造氏とも交流のあった前回もご紹介させて頂いた

『文章読本』の作家である谷崎潤一郎氏ともにですから

何か「不思議な巡り合わせ」を感じさせられます。

こうしたご両人との伴走旅を続けていると、

「不思議や不思議」

次々と、管理人がそれまで知らなかった(単に見逃していただけなのかも

しれませんが・・・)「谷崎文学」遺産にも巡り会うことになりました。

つい先週も「真田丸」関連や

管理人が幼少期から高校生時代までを過ごした

「谷町」界隈の路地裏まで探索してきたのですが、

何とあの「大谷崎」先生が上本町筋界隈の一寓居に居候しておられたことが

あったことをようやく知ることになったのです。

その一時的な執筆活動の現場で、

『文章読本』が完成していったようなのです。

(ちなみに、このエピソードは、

『大阪の寺-近代こぼれ話』(荒木伝著、東方出版、1992年)にて

知ることが叶いました。ここに篤く御礼申し上げます。

この本のもうひとつの魅力は、大阪の寺を近代「社会運動史」の視点で

詳細な「寺史」を調べ上げられたところにあります。

おもろい本ですから、是非この分野にもご興味関心ある方なら

ご一読頂くと何か得られるものがあると思います。

余談ですが、昨日は、昔日の大阪「島之内芸能文化」を

復権させようとのご活動をされている方々のご紹介で

「島之内」界隈を訪れる機会があったのですが、

新聞やニュースでも一時期話題になったこともございますが、

もはや「いき」の文化が死に絶えたかのような寂しい

けばけばしい雑居ビル街になってしまっていたことが

悲哀感を催させました。

この界隈には、大阪を代表する素晴らしい文化遺産が

あるのですから、是非、大阪「町人(商人)」文化を

愛されている方には、その「復権」活動にご協力して

頂きたいものです。

この門前町は、もともと「いくたまさん」や「高津さん」の

お膝元でした。

特に、この近辺にある「大阪七福神」で有名な法案寺さんなどは、

明治期の廃仏毀釈前の江戸期には、

「いくたまさん」の神宮寺だったそうで、

大阪の寺の中では相当な規模を誇っていたとの情報も

ある方に教えて頂きました。

(ちなみに、「大阪七福神」については、

<真田丸>ゆかりの三光神社のホームページをご閲覧下さいませ。)

このような歴史的知識や世界史から見た日本経済史の変遷を

学んでいると、現代日本の経済活性策の志向性には

何か見当違いの方向を向いているようにしか思われないのです。

「仁徳さん」もさぞやお嘆き遊ばされていることでしょう。

民の「かまど」を再び賑わすためには、

「学問」・「芸能」などの<心>の文化復興こそ先決問題でしょう。

昔日の大阪「船場」などの大富豪は、

こうした「場」で生きたお金を散在して

庶民経済の懐を暖める循環型経済構造を

創出させようとしていたようですね。

当世風の「民活」とは、そのあたりの「志」がまったく異なるようです。

『まさに、「いき」な遊びによって経済を「いき」返らせたのです!!』

昨日は『世界経済地理学(ことに古代ローマ・ギリシア)と近世大阪経済との

比較考察から現代にどのような「いき」な<心>を甦らせるべきか?』を

テーマに皆さんと語り合ったのですが、

そこで学び得たことのうちに、

当時(元禄期)の大阪経済は、日本の富の7割をも生み出し、

しかも、「水都」ですから、その富の7割は、

「水運」上の「船上」にあったとの知識に遭遇いたしました。

<教科書が教えない歴史>ですね。

こういう歴史こそ、学校教育で教えてもらいたかったですね。

このような「教養」が得られなければ、

要路に立つ方々の政策(企画)立案能力も

浅薄皮相なものになってしまいます。

ギャンブル的な文化施設など、

「いき」の文化をさらに根絶させるハコモノは不要です。

すでにそのようなシロモノは、大都市の「盛り場」に

<ぎょうさん>あるのですから・・・

文化は、何よりもご先祖様から受け継がれてきた

「無形」遺産こそがその「核心」なのですから・・・

これだから、「歴史(文学)探索の旅」は面白くて止められないのです。

それではそろそろお開きの時間となりましたが、

最後に九鬼周造博士の墓地は、

洛東の大文字山ふもとにある法然院にあるそうです。

ここは、京都一周トレイル「東山コース」の

ルート沿い(通称『哲学の道』)にある静寂な古刹です。

九鬼ファンの方なら一度は訪れて参拝してみたい聖地です。

その墓碑には、下記の言葉が刻印されているといいます。

『見はるかす山の頂 梢には風も動かず鳥も鳴かず

まてしばしやがて汝も休はん』

そして、法然院にまつわる

『訪ひ来れば法然院は冬さびて僧のつくなり入相の鐘』

(双方とも本書40頁から引用)

やはり管理人とは違って、作歌技法がうまいですね。

こうした雅やかな教養も

現代教育環境の下では、

もはや身に付かないところが悲しいところです。

このような教養教育を疎かにしてきたつけが、

現代日本社会における精神的荒廃と

総合叡智の衰退を招いているのだとすれば・・・

現代教育や社会風潮に対して

物申したいことは山ほどありますが、

溜息が出てくるだけですので、

今回はこの程度に抑えておきます。

ということで、本書は<九鬼哲学>の格好の入門書として

皆さんにも是非ご一読されることをお薦めさせて頂きます。

なお、<九鬼哲学>入門の「新書」としては、

『日本の「哲学」を読み解く-「無」の時代を生きぬくために』

(田中久文著、ちくま新書、2000年)

そして、今月中に発刊される予定の

『現代思想 2016年1月臨時増刊号 総特集

◎九鬼周造-偶然・いき・時間-』

(田中久文・藤田正勝他共編著、青土社)

も併せてご紹介しておきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link




 

One Response to “藤田正勝先生の「九鬼周造~理知と情熱のはざまに立つ<ことば>の哲学」人生意気に感ず、功名誰か復た論ぜん!?”

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.