須藤元気さんから元気をもらう「やりたい事をすべてやる方法」 希望は「WE ARE ALL ONE!!」

Pocket

かつては、総合格闘家として

近年は、ダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」で

ご活躍中の須藤元気さん。

合い言葉は「WE ARE  ALL ONE」

マルチな才能を持ち合わせた魅力的な「サムライ」です。

スピリチュアルな世界にも造詣が深く、ミステリアスな魅力も

あるマルチタレントさんです。

ズバリ「やりたい事をすべてやる方法」

今回は、そんな「行動家」のこの本をご紹介します。

「やりたい事をすべてやる方法」              (須藤元気著、幻冬舎、2013年)

須藤元気さん(以下、著者)は、かつては総合格闘技の世界で一世風靡。

引退後、新たな「世界秩序」を切り拓くため、現在は

ダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」

新たな冒険航海中です。

作家、書家、母校のレスリング部「監督」など「文武両道」の

八面六臂な「マルチタレント」ぶりは、目を見張るものがあります。

今回は、そんな「真面目でタフでおちゃめでミステリアス」な魅力の

ある「行動家」に、この本を通して「密着取材」させて頂こうと思います。

「元気がないのは、気の流れが悪いだけ!!」

「風通しのいい風景を心に描き直す」だけで、

周囲の世界が変わってくると語ります。

現代の「不安やおそれ」に満ちた世界を、いかに明るく風通しのいい空間

変えていくか?

そんな想いから、著者はダンスパフォーマンスユニット「WORLD ORDER」を

結成されたそうです。

「世界を変えるのは、一人一人の心から!!」

「WE ARE  ALL ONE」を合い(愛?)言葉にして、世界に新風を巻き起こそう

とされています。

私たちも、この本で学びながら「すぐにも行動して」いきましょう。

未来からの逆算思考で「突破口」を開いていこう!!

なぜ、人は「やりたい事が出来ない」のか?

人によって置かれた「環境」がそれぞれ異なるため、

一律の答えは出ないでしょう。

私たちは、例外なく先を歩いている周りの「大人たちの背中」を見て

生まれ育ちます。

社会は、そんな「大人たち」の気分が反映されて形成されているように

見えます。

「明るければ明るく、暗ければ暗く」というように・・・

そのため、昨今の世の中の「空気」は、ホントに希望が失せたかのように

「どんよりとした空気」が漂っているように見えます。

でも、はっきり言ってそうした見方は「幻想」です。

他人や世間のせいにしている限り、一生台無しになってしまいます。

「人生を変えるのは、すべて自分の心次第」

「私は、できる!」

前回も語りましたが、この強力な宣言から始めましょう。

著者は、「思考・言葉・行為」は常に三位一体だと意識されていることから

「心のイメージ力」を高める工夫を様々なたとえで語っています。

「言葉以前のイメージ」をプラスイメージに変えることから、

前向きな人生が始まるのだとも・・・

悩むのは、「言葉=思考」にとらわれるからです。

著者は、瞑想と散歩を日課にすることにより「悪い意識の流れを絶つ」

工夫をしているようです。

著者は、「精神世界」にも興味関心があり、過去に様々な本を

著述されてこられました。

特に、「幸福論」(ランダムハウス講談社文庫、2007年)では

実際に「四国遍路」を歩きで体験されているだけに「知識偏重型の

神秘思想家」とはひと味違う説得力があります。

そんな著者が、提唱されているのも

「未来からの逆算思考」で「いま・ここに」集中して生きることです。

「もし、今日あるいは明日に死ぬと仮定したら・・・」

このイメージを強烈に意識して思考すると、おのずと「積極的行動」に

移せるのではないか?とも語っています。

確かに、管理人の経験からしてもこのアドバイスは、

かなり「効き目」があるようですね。

「できない理由」を探すのではなく、「できること」に集中してみること。

そこに明日を切り拓く鍵があるようです。

「WE ARE ALL ONE!!」

著者も語っていますように、最近は「やりたいことが見つからない」という

人も多いようです。

目下の日本は「不景気」だとはいえ、諸外国に比べれば「飽食満足?」な社会です。

ハングリー精神がなくなってくると、「依存症」の問題も増えてくるようですね。

「自分の人生を自分で決定できない宙ぶらりんな状態」は、本来つらいのだと

思うのですが・・・

確かに、個人に出来ることは限られています。

しかし、世の中にはそんな厳しい環境にも負けずに自分の人生を思い通りに

切り拓いていらっしゃる方がいるのも事実です。

では、どうしたらいいのか?

「大切なことは、人に相談して決めるものではない!!」

厳しい表現ですが、おそらくこれが「正解」だと思います。

「自分の人生は、誰の人生のモデルにもあてはまらない固有のもの」

それほど「貴重な人生」だからこそ、「自分で意志決定していくクセ」を

付けていかなければなりません。

管理人もいつも語っていますように、

「人生は思っているほど長くはない」

「あっという間に、お迎えが来る」のです。

「人生に二度はありません!!」

その条件は、皆同じです。

でも、あなたなら「きっと大丈夫!!」ですとも。

それでも人間ですから、常に「ポジティブシンキング!!」ではつらいですよね。

そんな時こそ、「WE ARE  ALL ONE」の「ご真言?」を唱えてみて下さい。

きっと、あなたの背中を強く押してくれる「良きエネルギー」として

勇気が湧いてくることでしょう。

皆さんとともに、明るい未来「WORLD ORDER」を築いていきましょうね。

この本には、著者独自の「仕事のコツ」も満載です。

著者からの「元気アドバイス」が味方となってくれるでしょう。

なお、著者の別著として本文でご紹介させて頂いた以外に

『宇宙のセオリー~この世でもっとも素晴らしい秘密~』

(ヴァーノン・ハワード著、須藤元気監訳、成甲書房、2010年)

『無意識はいつも君に語りかける』

(マガジンハウス文庫、2010年)

も併せてご紹介しておきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.