木下清一郎先生の「心の起源~生物学からの挑戦」を読む!!心は遺伝子を超えることができるのか??

Pocket

「心とは何か?」

この問いは、絶望的に困難です。

「心が心を把握する」という自己矛盾

(同義反復=トートロジー)を繰り返さざるを

得ないからです。

そこで、今回ご紹介する木下清一郎先生は

「心の起源」を探ることから「仮説」を再設定して

「心の謎」に迫っていきます。

昨日のブログでは、物理学の角度から迫りましたが

今回は「生物学」の角度から問うていきたいと思います。

それでは、今回はこの本をご紹介します。

「心の起源~生物学からの挑戦」             (木下清一郎著、中公新書、2002年)

著者は、大阪府出身で発生生物学を専攻されています。

発生生物学は、分子生物学と違って多細胞生物の個体発生の

過程を解析することにより「生物(いのち)の起源」を

探っていく学問です。

一方、分子生物学は物理学における量子力学での知見を

借りながら「生命体の中身」を解明していくものだと

イメージして下さい。

さて、最新の生物学研究では「遺伝子中心主義」が

主流のようで、生命の探求としてはあまりにも「人工的」で

遺伝子工学のイメージもよくありません。

「クローン人間」など・・・

人類は、ついに禁断の果実を手にしてしまったようで

大きな人類史における転換期を迎えようとしているようです。

この「遺伝子=情報」をメインに据えた分子生物学は、

現代社会を反映しているようです。

この生物学は、物質中心主義に偏りすぎで「優生学の復活」にも

つながりかねませんので、余程の高度な倫理観がない限り

立ち入れない領域でもあります。

しかも、この研究の方向性からは一向に「生命(いのち)の神秘」

に迫ることも出来なさそうです。

著者は、そうした「遺伝子中心生物学」から離れて発生生物学の視点で

「心とは何か?」を探っていきます。

ところで、ここに難問が待ち受けているようです。

「心とは何か?」を問うた瞬間に「自分で自分の心」を探るわけですので、

一種の循環論法(トートロジー=同義反復)となってしまい、

収まりが悪いことになります。

そこで、著者は発想を変えます。

「何か?」から「いかに、なぜ?」へと・・・

心の発生は、記憶の誕生からという視点を仮説に、論証していこうと

されています。

管理人は、高校時代「生物学」に嫌気が差してしまったのも

「細胞」がどうしたこうしたといったところに、当時は

興味関心も持てなかったからです。

今回、「心の不思議」を学んでいくうえで、この本をご紹介させて頂く

ことにしたのも、そんな「生物学」に苦手意識のあった管理人でも

何とか話についていけたからです。

心はどのように生まれるか?

著者は、従来の遺伝子中心論では「心の発生過程」について、

自然科学の「要素還元主義=客観的分析思考」からは

うまく説明出来ないことから、発想を変えます。

要するに、物質世界(遺伝子)の世界から直接「生物世界」及び

「心の世界」を解明することは困難なので、それぞれの世界を切断して

「次元が異なる世界」の問題として扱おうということです。

物質世界の中に生物世界という「別の世界」があるのと同じく、

生物世界の中にも心の世界という「別の世界」があると仮定して

遺伝子中心(支配)の発想から抜け出そうということです。

『一つの世界体系の中で、延々とぐるぐる回る無意味を回避するため、

世界を「入れ子(多次元構造)」として分析する』ということです。

そこで、まず出発点として次のように考えてみます。

「心とはある種の働きである=神経系を十分に発達させた生物体のみに

みられるはたらきである」と・・・

このことを大前提にして、著者は次々に仮定命題を立てていきます。

①生物体はある領域を自己の領域として限定し、その他の領域を外界として

区別する。

②生物体はみずからの必然的要請として、外界の情報を受容し、これを

処理するための系(システム)をもつことになった。多細胞の生物体が

つくられると、そこにはこういう系の一つとしての神経系があらわれる。

③神経系が情報として処理できるのは、外界に生起している事象のうちの

ごく一部分にすぎない。したがって、神経系内での情報処理に、外界の

事象のすべてを反映させることはできない。

④神経系が発達するにつれて、神経回路での情報処理の過程は変化していく。

まず生得的な本能情報が刻印されるが、やがてこの回路を修正して、後天的な

知覚情報を可塑的(一度変化すれば元に戻らないこと)に刻印することを

可能にする。

⑤心のはたらきの最初の徴候を、行動の能動性の発揮という点に認めるとする

ならば、それは記憶の成立からはじまる。

⑥世界を新たに開く条件として、特異点、基本要素、基本原理、自己展開の

四つが挙げられる。

⑦一つの世界とは一つの公理系であって、新しい世界が開くとは新しい公理系を

立てることにほかならない。

⑧ある系が自己矛盾をかかえたとき、そこを基点として新しい公理系が生まれ、

その公理系は独自の展開を遂げる。

⑨記憶と照合の相互作用によって情報の自己回帰がはじまり、そこから時空・

論理・感情の特性が生み出される。これらは心のはたらく「場」を規定する

枠組みとなる。

⑩心の体系の根底をなす枠組みは、「統覚」と仮に名づけた統合能力によって

つくられる。統覚の潜在的能力は生得的にあたえられているが、その顕在化には

経験が必要であって、その意味では獲得的である。つまり、統覚は生得的と

獲得的のちょうど中間にあるといえる。

⑪心の世界を開く特異点は、「統覚」の出現というできごとに見いだせる。

⑫心の世界の基本要素は「表象」である。それぞれの表象は「表象の場」の

なかで固有の値をもった位置を占める。

⑬心の世界の基本原理は「自己回帰」とそれに由来する「抽象作用」である。

⑭心の世界における自己展開の支配則は「意志の自由」である。

まとめると、こうした「心の展開作用」こそ「意志の自由」にほかならない

わけであるが、そこにはおのずと節度が必要とされる。

つまり、「意志の自由」こそ、その働かせ次第でいかようにも

「世界を変容させることができる」から責任は重いのであると・・・

心の未来に責任を持つことが「生きる者」の務め!!

こうして見てくると、今を生きる者は

物質世界・生物世界(人間社会も含む)・心の世界というように相互の世界に

影響を与え続けるため責任を自覚しなくてはなりません。

著者の知見から判明してきたことは、「遺伝子情報」と「心」の次世代への

継承はそれぞれ別問題だということです。

優生学に偏りかねない「遺伝子情報の保存継承」だけでは、世界は完全とは

言い切れないのではないか?

「心の継承」これを「文化的遺伝子(ミーム)」(リチャード・ドーキンス)

といいかえることが許されるならば、「別の道」も開けてくるようです。

私たちの「個体」が滅んだ(死んだ)後も、生前の思いは後世に語り継がれていく。

もちろん、その思いは「高次元の志向性を持った高い意識」でなくてはなりません。

そのような、「高意識体」である自分の思い(魂とも霊体とも高エネルギーとも

呼び名は様々ありますが・・・)を残すことが「人生の究極目的」なのかも

しれませんね。

ここには、「希望と愛」があります。

遺伝子に執着する生物学の見方は、「無明(絶望)」につながります。

物質偏重主義(この世だけ良ければいいという発想)は、本当に

つまらないことだと思います。

管理人が、「未来志向」をテーマに当ブログを通じて、

皆さんにお伝えしようとすることも、文化的遺伝子を次世代へとつなげるためです。

どうか皆さんも、この「新しい生物学」を学んで積極的に生きてみませんか?

「人生は、思い立ったが吉日」

「何度でも再出発できる」のです。

そのために、お互いに学び続けようではありませんか?

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

One Response to “木下清一郎先生の「心の起源~生物学からの挑戦」を読む!!心は遺伝子を超えることができるのか??”

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.