植西聰さんの『運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方』陰徳積めば人生を陽転させる思考法!?

Pocket

植西聰さんの『運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方』

を読めば、明るい「陽転思考法」が学べます。

「お金はエネルギー」と前回のブログでも、

語りました。

今回は、具体的な「エネルギー貯蓄法」について

学んでいきたいと思います。

「宇宙銀行」とは、目に見えない「富」の「貯蔵場」です。

目に見えるお金は、物質ですので「瞬間的なエネルギー体」です。

使えば一旦手元から消え去ります。

でも、本当に大事なお金は「目に見えない陰徳」

今回は、この本をご紹介します。

『運のいい人は知っている「宇宙銀行」の使い方』      (植西聰著、サンマーク文庫、2014年)

※2007年に出版された「宇宙銀行」を一部改訂のうえ「文庫化」されたものです。

植西聰さん(以下、著者)は、産業カウンセラーと心理カウンセラーの資格を持つ

作家です。

独自に体系化された「成心学」理論を確立し、今では多くの方を

勇気づけられています。

「宇宙銀行」

それは、広大な宇宙に散在するプラスエネルギーを

活用して自他ともに幸せになろうというコンセプトで

設立された「仮想空間」にある銀行です。

なかなかロマンあふれる銀行です。

さて、私たちはお金と言えばどんなイメージを描かれますか?

おそらく、あまりいいイメージをお持ちの方は少ないかもしれません。

お金持ちの人も、そうでない人も「出来れば減って欲しくないモノ」と

思われるのではないでしょうか?

でも、それは物質にとらわれた「金銭感覚」だからです。

お金はもっと広大なエネルギーをもたらします。

「エネルギー体としてのお金」

もっと突っ込んで言えば、「富」です。

前回のブログでも考察しましたが、私たちは「お金の本質=本当の姿」

について何一つ教わっていません。

そのため、多くの方が「架空の物質的欠乏感」に悩まされています。

そんなお金に対する誤ったイメージを上書きして頂こうと、

この本を取り上げさせて頂きました。

21世紀以降は、間違いなく「お金に関するイメージ」が激変していくでしょう。

今ある「経済常識」も終末に近づいているようです。

富は本来無尽蔵に創造出来るはず・・・

まずは、お金を富と呼び変えることから再出発しましょう。

お金と呼べば、物質にとらわれた欠乏感を招いてしまいます。

現実の物質としてのお金は、もちろん個人の力で勝手に創造することは

出来ません。

しかも、「目に見えるモノ」です。

ですから、原則として有限であります。

一方、「目に見えないモノ」である富はプラスのエネルギー体です。

エネルギー体ですから、自由に創造することも出来ます。

富は、狭義のお金に関するモノだけではないからです。

物理学では、物質から波動エネルギーへと研究対象も拡がってきているようです。

物質も「新しい物性」研究へと変化してきているようです。

まとめますと、物質は粒子とエネルギーとに分離されるということです。

さらなる研究が積み重ねられていくと、

未来の物理学では、世界が「エネルギー体」のみで構成されていることが

解析されるかもしれません。

宇宙には、まだまだ未知の物質やエネルギー体が存在するようで

膨張し続けていることも判明してきました。

そのうち、私たちが目にする物質は「たったの4%」といいます。

さらに「お金」はそれ以下の%でしか存在していません。

ですので、私たちは「物質にとらわれたイメージ像」をお金から

切り離していく「新たな思考法」が必要となってきたようです。

21世紀からの「宇宙物理経済学」創始宣言

現在の世界経済が、完全に行き詰まってしまったのも

「エネルギーとは何か?」を真剣に考えて来なかったことに

よるものと思われます。

現在の「エネルギー政策」は、あまりにも狭い範囲のものです。

最初から、何もかも「有限!!」と決めつけてしまっている

ところに「現人類の限界」があるようです。

この思考法が、地球上にもたらす被害は莫大なものになります。

なぜなら、消極的な思考しか生み出せないからです。

「お金も資源も有限」といっても、

あくまでも今のままの思考法を続ければ・・・と

いうことです。

物質であれば「因果関係の法則(因果律)」に縛られるのは

当然です。

でも、エネルギー体なら必ずしも「因果律」に縛られるとも

限らないようです。

今日の物理学の知見では、エネルギーなら「時空を超えて」

別の場所に現れることも確認されています。

ただ、人間や普段私たちが目にする物質などは、あまりにも

マクロなモノなので、エネルギー体に直接乗せて運ぶことが

出来ないため、実在感(臨場感)がないだけです。

これが、現時点では「タイムマシン」が不可能な理由です。

それはともかく・・・

お金と「宇宙銀行」の関係でした。

著者がこの本で取り上げているのも「エネルギー体としての富=お金」

ということでした。

「陰徳を積む」

「積善の家に余慶(徳)あり」

とは、そうした具体的なイメージ像のことを表現しています。

しかも、エネルギー体ですからその結果がどこで現れるかは

前もってわかりません。

物理学でも「確率的」にしか証明しようがないそうです。

ですから、陰徳を積んだ結果は「時間差」を伴うとともに

単純な「因果律」が働かないために、別の場所・人から

戻って来ることは多々あるということになります。

「私たちは、目に見えない糸で結ばれているらしい!!」

このことは、物理学などでも「超ひも理論」などで説明されてきました。

もちろん、これは「一つの仮説」にしかすぎませんが・・・

でも、このイメージなら何だか勇気づけられませんか?

「希望を持って良い種まきをしていきましょう!!」

それが、「宇宙銀行に貯めるメリット」です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.