挫折・絶望!?それじゃぁ「道元」に学ぼう!!

Pocket

「もう、あかん。絶望するわ。」

「なんども挫折して気が滅入るわ。」

人生には、山ほどそんな機会が訪れますね。

そんな時には、道元の声を聴いてみませんか?

「でも、道元って気難しそう!!」

「禅ってなんか辛気くさいなぁ」

そんな風に思っておられる方も多いでしょう。

そこで、

「絶望しそうになったら道元を読め!~『正法眼蔵』の「現成公案」だけを熟読する~」                  (山田史生著、光文社新書、2012年)

「道元」といえば、鎌倉時代に活躍した禅のお坊さん。

「確か『永平寺』にゆかりのあるお坊さんじゃなかったっけ?」

「なんか厳しい座禅とかありそうやなぁ?」

そんな「永平寺」の質実剛健な気風から、生真面目なイメージがしますよね?

でも、生真面目だからこそ「生きるヒント」をいろいろ考えてくれているのです。

時にユーモアも交えて。

「『正法眼蔵』といわれてもなぁ?いまいち難しいし。」

私も、全部は読みこなせていません。

かなりの分厚さですしね。

そんな時に頼れる助っ人。

先日もご紹介した「山田史生先生」のお知恵を拝借しましょう。

ものの見方ってどうなってるんだろう?

この本では、「道元思想」のエッセンス『正法眼蔵』の冒頭「現成公案」を解説しています。

~仏道をならふといふは、自己をならふ也。自己をならふといふは、自己をわするるなり。

自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるといふは、自己の身心

および他己の身心をして脱落せしむるなり。(以下、省略)~

一度お読みになった方なら、この文章をご存知かもしれません。

「どうして、人はたびたび錯覚してしまうのだろうか?」

「自分と他人の世界観にズレがあるのはどうして?」

人間関係で誤解が生じた時などに悩んだことってありませんか?

「そもそも自己って本当にあるの?」なんて、若者なら一度は「自分探し」に

はまったことのある方もいるでしょう。

「仏教ってその『自己』とやらを滅却して悟りを求めるものやろ?」

こんなイメージをなんとなく持ってしまいますよね?

でも、「道元」さんは『自己』なんてあるようでないよ

「言葉の錯覚」にひっかかっているだけでは?

自分と他人(世界)との間に境界線は、本来ない。

「自分は他人の鏡」「他人は自分の鏡」

そんなイメージを難しくして「諸法と仏法の関係」を論じています。

でも、この「現成公案」には「花鳥風月という自然」をたとえに、

私たちがなんとかその難しい所をイメージしやすいように一生懸命伝えようと

しています。

少なくともその気配は十分伝わってきます。

私たちは、どうしても自分中心に世界を解釈してしまいます。

「どうして、言葉が通じないのか?」

おそらく、「言葉」自体に限界がある。

つまり、自分自身の認識能力に限界があるのではないか?

そんな風にも考えてしまいます。

では、なぜひっかかるのか?

「言葉」によって「世界」を切り分けるという中で、矛盾衝突が

起きてしまうのではないか?

それなら、どうすればすっきり世界と仲良くなれるのか?

「道元」さんは、「生きるヒント」をこんなイメージをもって

教えてくれているのだと思います。

「絶望」したっていいよ!でも、正しく「絶望」した後は人生を楽しもうね。

「自分と世界(他人)の間を分別せずに素直にあるがままに生きる」

私は、そのように理解しました。

禅語によくある、

「徹する」

「三昧の境地」

「大死一番!!絶後に再びよみがえる!!」

これらの言葉は「自分と世界(他人)を一体化」することによって、

「人生の難局」を乗り越えるイメージを指し示しています。

「絶望」とは、まさに「希望を絶つ」です。

でも、皆さんはもう大丈夫です。

こう読んでみましょう。

「大死一番(絶望したぜ)!!絶後に再びよみがえる(でも、どん底からよみがえったぜ)!!」

ですから、「絶望(どん底・闇)の先には、希望(光)がある」

そう信じましょう。

おそらく「生きた思想」とは、最後は「信じること」によるのでしょう。

もちろん、納得できるものじゃないと消化不良になりますよ・・・

現代社会は、頭を使って身体をあまり使わせない仕組みになっています。

だからこそ、「自分と世界(他人)」との距離感をつかむのが難しいのかもしれませんね。

「道元」さんは、こうも言っています。

「悟りなんてなくてもいいのじゃ。」

「何も考えず一心不乱に人生を真剣に生きておれば、それすなわち悟りじゃよ。」と。

皆さんも、是非「山田史生先生」をナビゲーションに「道元」さんの声を聴いてみましょう。

きっと、「ものの見方」に変化が生じて、多少なりとも生きやすくなるかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

One Response to “挫折・絶望!?それじゃぁ「道元」に学ぼう!!”

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.