「気の達人医療家」矢山利彦先生の「空海の人間学」から「言霊の持つ生命エネルギー」を学ぼう!!

Pocket

弘法大師空海。

言葉と生命エネルギーの関係を究明された上人です。

その知恵を現代医療に活かそうと研究されてきた「医者」がいます。

「気の達人医療家」矢山利彦先生です。

言葉の持つ生命エネルギーから、医療行為に役立たせてきた

九州の名医として知られています。

言葉の使い方をきちんと学べば、「勇気百倍!!」

不安やおそれと真正面から向き合うこともできます。

そんな「人間の影の心理学」にも通じた空海の残された

文物を超訳したこの本をご紹介します。

「超訳 空海の人間学」(矢山利彦著、株式会社コスミックエナジー研究所、2014年)

矢山利彦先生(以下、著者)は、「気の達人医療家」として

九州で医者としてご活躍中です。

従来の西洋医学(対症療法的医療)の限界に疑問を持ったことから、

独自の学びで「西洋医学・東洋医学・歯科・医科」と統合し、「気」

を主体に据えた「生命エネルギー」を活かした総合医療に取り組んで

おられます。

その過程で、言霊の持つ力に魅了されたようで「空海の研究家」としても

在野の研究者として研鑽を積み重ねられてきました。

この本は、船井幸雄さんが発行されていた雑誌「月刊ザ・フナイ」

(2012年4月号~11月号)に連載されていた文章をまとめて

書籍化されたものです。

現在、様々な「統合医療」の研究者や医者が増えてきているようです。

また、かつての「民間医療」を発展させた「代替医療」も広がりつつあります。

欧米社会では、すでに「医療保険制度」の適用も合法化されてきましたが

なぜか、日本ではまだまだ啓蒙活動も少なく、認知度も低いためか「低い地位」に

置かれたままのようですね。

そんな中で、統合医療(代替医療)といっても玉石混淆の黎明期にある時期に

積極的に医療行為に取り入れてこられたのが、著者でした。

そうした活動の中で出会ったのが、弘法大師空海の「真言密教」における加持力

でした。

空海は、「言葉と生命エネルギーの関係」についても造詣が深い

「科学的合理的な」宗教家でもありました。

「気の持つ力=加持力とは、加持祈祷者(医者)と患者の合わせ技」

患者の自然治癒力を基本的に信頼し、プロの医療専門家との重ね技により

治癒させる点は、空海の創始した真言密教と似たところがあるようです。

そこで、空海の著作のうち「言葉の生命エネルギーと意識の流れ」を主に

テーマとした「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」「般若心経」

「般若心経秘鍵(ひけん)」の内容を超訳したのが本書です。

空海は、優れた「臨床心理家」の側面もあったようです。

混迷極める現代社会において、空海の叡智を活かそうと「医療従事者」の

立場から問題提起された点に、独自性があります。

そうした点から、この本を取り上げさせて頂きました。

「言葉と生命エネルギーの関係」を解明していった空海

空海の著された「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」と「般若心経秘鍵(ひけん)」

この二大著作は、「人間の意識の流れ」と「言葉=生命エネルギーの持つ力」を

解析していったものです。

「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」は、心の奥底に眠る宝を開く鍵という意味です。

有名な「十住心論」は「意識の流れと心の発達段階」を示したものとして知られています。

禅仏教でいう「十牛図」に似たところがあります。

「十牛図」は、イメージ図

「秘蔵宝鑰(ひぞうほうやく)」における「十住心論」は言葉で解説したもの

と理解して頂ければ、イメージしやすいかと思われます。

空海の魅力は、何と言っても「科学的合理主義者」であったところです。

禅仏教でいう「不立文字(ふりゅうもんじ)」のような不親切なところは、

ないですし、他の宗教のような「意味のない呪文」を強要することもありません。

「真言=呪文」も、きちんと言葉で説明して

「口(言葉)・身(からだ)・意(こころ)」の三位一体形式で説いていった

ところに、空海の「革新性」があります。

その具体的な現れが、「般若心経秘鍵(ひけん)」です。

「般若心経」の真言性に注目された点が、画期的でした。

それまで(今でも)「般若心経」がわけわからん「お経」なのは、

この一点を教えていないからだと思います。

管理人も含めて一般人に「漢文」で書かれた「お経」として

「般若心経」を唱えて下さいと言われても、心の奥底から理解することは

困難ですよね。

だからこそ、この空海の「般若心経活用法」を知った時には

「目から鱗が落ちた」ものでした。

皆さんも、これからは空海の「般若心経の読み方」を活用しましょう。

なお、般若心経の「真言」としての活用法については、前にも当ブログで

ご紹介させて頂いていますので、そちらの方も参照して頂ければ幸いです。

空海の「真言密教」は宇宙のセオリーを解読したもの!!

空海のすごいところは、奈良時代末期から平安時代初期にかけて

すでに「現代物理学・数学・哲学・宇宙学・生物学」を予見していた点にあります。

特に、その「宇宙イメージ」は最新の学説に勝るものがあります。

「宇宙の成り立ち」を解明することは、私たちの「生命(いのち)の根源(由来)」を

知ることでもあります。

宇宙の成り立ちには、ビッグバン理論を始め様々な仮説が乱立しており

未解明の状態が続いています。

「宇宙には、はじめとおわりがあった」のか「なかった」のか?

は、大きな争点にもなっています。

ビッグバン理論では、「特異点(臨界点)」というものを設定して

「はじまりとおわりがある=宇宙発生後」のことについてしか解明できないところに

限界があるようです。

そのため、宇宙(生命)誕生以前のことは、未知の領域になっています。

現在、宇宙物理学の最前線では「大統一理論」の構築に向けて研究が続けられていますが、

この研究が完成すれば「すべての学問の統一化」につながり、「この世」に永遠の平和が

訪れると言われるほど、重要な研究拠点となっているようです。

管理人にとっては、よく理解出来ないところもありますが一応仮説を立てると

「生命の明滅(生死)」と「宇宙における光の点滅」は、この「特異点(臨界点)」を軸に

回転したもの(無限循環運動を繰り返しているもの)とイメージしています。

ですから、「はじまりもおわりもあるのではなく、ないのでもない!!」

まさに、般若心経の説くところの「空!!(宇宙)」です。

現代宇宙物理学が、渋滞しているように見えるのは、

この「視点」が定まらないからだと思います。

宇宙物理学の研究者の皆さんも、この「般若心経の空(宇宙)観」を取り入れて

下されば「夜明けは間近」かもしれません。

その意味で、空海が生まれた日本から「ノーベル物理学賞受賞者」(宇宙物理学が

ここに属するのかは、分かりませんが・・・)が出てきてほしいなぁ~と思う次第です。

大日如来=太陽は「銀河系を司る星」でもありますし、虚空蔵は「金星」のイメージを

もった「宇宙そのものの象徴」のようなイメージもあります。

ノーベル物理学賞受賞者は、名古屋から岐阜の周辺に多いとも聞きます。

ですから、この周辺の自然環境の中で研究されている方なら、意外とスムーズに

「宇宙(生命)の神秘」が解明出来るような感じもします。

そんな期待感も込めて、この本をご紹介させて頂きました。

なお、空海関連の著作で本文に関係するものとして、

『空海「秘蔵宝鑰」』(加藤純隆・加藤精一訳、角川ソフィア文庫、2010年)

『空海「般若心経秘鍵」』(加藤精一訳、角川ソフィア文庫、2011年)

「空海般若心経の秘密を読み解く」(松長有慶著、春秋社、2006年)

「超訳 空海の言葉」(一条真也監訳、KKベストセラーズ、2014年)

また、著者の別著として、

「あいうえお言霊修行~言葉が心を変え、身体を変え、人生を変える~」

(ビジネス社、2008年)

をご紹介しておきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

sponsored link


 

2 Responses to “「気の達人医療家」矢山利彦先生の「空海の人間学」から「言霊の持つ生命エネルギー」を学ぼう!!”

  1. […] この辺りのことは、前にも当ブログでご紹介させて頂きました。 […]

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.